blog
十勝のスポーツバイク専門店| カクイチ・ヴェロ Kakuichi Velo > ブログ > 2016年

2016

-5℃くらいならOK牧場!

 fullsizerender-2

さて、いよいよ師走に突入しました。

 今年一年を振り返るほど、私が濃い一年を過ごせたかどうかは自信ありませんが、例年になく自転車に<乗った>1年にはなったと思います。

 2月から始めた<Zwift>のおかげで、昼夜を問わず15分で汗びっしょりかけて、逆に外で乗りたくなる欲求が高まりました。早起きしてサイクリングしたり、あれが欲しいこれカッコいい…と職件濫用でバイク周りの物色にも手を染めた…そんな1年です。

 実は昨日も近場をサイクロクロス(シクロクロス)バイクでぷらぷらちんたら、サイクリングしていました。氷点下、そりゃ寒いです。寒いけど気持ち良い。風さえなければ、-5℃くらいならOK牧場! 

 人間、気持ちいことだけは続けられるもんですね…??? 冬でもそれなりの装備、それなりのバイク、それなりのタイミングと乗り方、乗り手の覚悟によって<まだ乗れる>ものです。

img_2744

 雪ががっつり降ってしまえばファットバイクという手がありますが、それは陸上の最終兵器、戦車みたいなものですから、そこを何とかもう少し細いタイヤでシュッシュっと小粋に走りたいじゃないですか。

 そういう意味で、あらためて純粋なマウンテンバイクに目を向けるのもいいですし、はっきりスリムなサイクロクロスとか、あるいはグラベルロードで、行けるとこまで行ってしまえ!みたいなプチアドベンチャーごっこ(略してプチアベ)が楽しくなる。

img_2875

 まぁ、こんなこと言ってっても所詮私の考えることは常に世の中の大多数とは相反するもの。

 昔から自転車趣味っていうのは基本マイナー。クラスに一人二人、天邪鬼な人間の密かな愉しみ的な部分が根底にあるのだと思います。

 いまや自転車、主にロードバイクでしょうけどメジャーになってきているので、自分としては正直なところ何か居心地悪い… 私はかなりひねくれてますね。

(ヴェロテン)

 

 

今なら走れる!今しか走れない!?

じゃがいもフランス

カントリーブランのオススメの一つ、じゃがいもフランス

オフの日。日中の気温が10℃まで上がると知って、予定していたプール行きを急遽を取りやめ。

今なら走れる!今しか走れない!? と、パンライドに行ってきました。

ただ、山間の路面状況が心配だったので、一応ロードではなくシクロクロス、トレック Boone5 Disc で。

img_2068

実際この日は気温が12℃?まで行ったので、ロードバイクでも十分いけましたね…

img_2237

日陰に残っていた氷が融けていてウエットの路面も多く、下り坂、防風林の影はアイスバーンかも??? …とビビりながら走ってきましたが、この日はセーフでした。

img_2243

 最近の朝は気温は氷点下。Northwaveのウインターシューズは大きな武器ですが、この時はシューズカバーでも十分でした。

 午後の帰りは前回のパンライドの時より強風の向かい風でしたので防寒装備は決して大げさではなかったようです。

この時期の装備は難しいですね。アウタージャケットとレイヤーの選択。シューズ、カバー、ソックスの選択…

一つ言えるのは、この時期は「乗りたがらない」人が多いのであって、けっして「乗れない」のではないとうこと。

 気持ちとお財布のモチベーションさえあれば!

 バイクの種類、タイヤの選択、防寒装備など手間もコストもかかりますが、冬のサイクリングの楽しみ方はインドアも含めていろいろあります。

(ヴェロテン)

 Youtubeチャンネル「GCN」でも冬の過ごし方を特集していますので参考まで…

 

祝!悲願のマドン、ゲッツゥ〜♪ @ZWIFT

ついに昨夜マドンをゲットしました!…と言ってもZWIFTの話です。

あともう少し、あともう少し。優勝カウントダウンの広島カープみたいな心境でした。

今日こそ決めてやるぅ〜と、朝に36キロ、夜に35キロのZWIFTトレーニングでレベル20到達。

ポイントゲージが満タンになってもさらに3〜4キロ?走り続けて、やっとトレック・マドンを<UNLOCK>できた次第です。

img_2188

トレックディーラーなのに、スぺ○シャ・ター○ックとか乗れないですからねぇ。これで肩の荷がおりました、ハァ〜やれやれ。

img_2200

観衆がいるつもりで手を振ってみたりなんかしちゃって

img_2204

ISO speedで乗り心地も快適!…な気がします。

マドンのフレームカラーはゲージで無段階に変更できるので、なんちゃってプロジェクトワンみたいな感じで色遊びが楽しめます。

 私の場合はレベル20到達に、距離3,400km以上、時間にして4日と16時間、獲得標高36.9Kと余計にかかってしまいました。

 一足早くレベル20に到達したM氏はもっと効率良くポイントを獲得。途中Emonda SLRを獲得していましたし(なぜか私はもらえませんでした)、グループライドやワークアウトをうまく利用できたいのでは?ということです。

ZWIFTの詳細は、何かとフォーラムで探す様な情報ばかり。英語主体なため、日本人同士での情報交換がかなり少ないのが玉に瑕。

現在β版のiOSバージョンが正式に公開されると、iPhoneやiPadでも使用できるため一気にユーザーが拡大すると思われます。

そろそろ公開しないですかね~

(ヴェロテン)

 

  • 1枚目
  • 1-0枚目
  • 1-2枚目
  • 1-3枚目
  • 2枚目
  • 3枚目
  • 4枚目
  • 5枚目
  • 6枚目
  • 8枚目