blog
十勝のスポーツバイク専門店| カクイチ・ヴェロ Kakuichi Velo > ブログ > ヒトの汗は大敵!?

ヒトの汗は大敵!?

北海道もすっかり春。

室内トレーニングから外乗りへシフトした方も多いんじゃないでしょうか?

そこでトラブルが発覚する方もチラホラ。

「ブレーキが動かない」「漕ぐとガリガリする」…

ありがちなのが、トレーナーでかいた汗が原因のトラブルです。

汗で汚れているのは分かっていても、ついつい面倒で冬の間そのまんまになりがちですよね。

トレーナーで激しく汗をかくと、腕からハンドルバーも濡れっぱなし。

こういう汗も定期的に清掃しておかないと、ステムやハンドルバーなど金属パーツさえ寿命を短くしてしまいかねません。

スエットカバーでは受けきれない<汗>がトップチューブ、クランク、BB周辺に滴り落ちていませんでしたか?

汗を放置すると塗装表面を侵したり、間違いなくパーツやケーブルが傷みます。

下記の写真は、アウターストッパーとキャップ、ケーブルが固着していたのをスタッフKが必死こいて外した時のものです。

かくいう私もオフシーズン中に一度BBの内臓ベアリングをサビッサビにしてしまいました。

なんか床に茶色の油が落ちて汚れているなぁ、なんて呑気にしていてバチが当たった感じです(反省)。

 

スエットカバーをしない場合なんてもうイチコロです。ヘッドパーツに汗が侵入しベアリングを痛めるのは火を見るよりも明らか。

もっともっと激しくトレーニングで汗をかく上級者の方は、お尻からも汗が流れ落ちるそうです。

リアのキャリパーブレーキにも汗でサビが浮いてきていました。

 

ど、どうですか、ヒトの汗って怖いでしょう!?

既存の汗受けカバーじゃ間に合いませんね。

私はさらにタオル1枚をかけていますが、ちょいと邪魔くさいです。

なんかいいアイデア商品、出てこないですかね…

(ヴェロテン)

 

  • 1枚目
  • 2枚目
  • 3枚目
  • 4枚目
  • 5枚目
  • 6枚目
  • 7枚目