blog
十勝のスポーツバイク専門店| カクイチ・ヴェロ Kakuichi Velo > ブログ > 老眼にはローマウント~Blender

老眼にはローマウント~Blender

トレックユーザーのアドバンテージとして、デジタルセンサーをフレームに内蔵できる<Duotrap>の他に、<Blender>システムがあります。

 

Blender は、ライトやGPS、サイクルコンピュータなどアクセサリーをハンドルバーやヘルメットへとスッキリ装着できるシステムです。

「Madone XXX Integrated Bar/Stem」にオプションの「DuoBase」に「Garmin High Mount」と「Ion Mount」を取り付けた状態

ボントレガーでは、Blender対応の各種ステムにより、ベースとマウントをチョイスするようになっています。

当初ちょっと悩んだのが、ガーミン用マウントにHighとLowマウントがある点。

どっちがいいんだろうなぁ?

Lowは低いんだから、より前傾なレーシーな人用で自分には関係ないだろうとLowHighマウントを装着。

ですが、困りました。

か、顔に近い…

ガーミンの画面が顔に近すぎて、老眼の私には数字が全く読めない!

まさか、老眼鏡かけながらロードバイクに乗るわけにもいかず、Lowマウントに変更しました。

ロードバイクにガーミンマウントはとりあえずLowマウントですねぇ…と、<えんきん>世代を代表して、実地で確認したのでありました、チャンチャン♪

 このBlenderシステムは、エリートステム装備のクロスバイクFXやロード、MTBにも採用されています。  上部にサイクルコンピューター、下部にライトIon800RやIon350Rをつけたい方は、別途ベースとマウントをチョイスすればスッキリします。興味のある方、ご相談ください。

 

 

 

 

 

  • 1枚目
  • 2枚目
  • 3枚目
  • 4枚目
  • 5枚目
  • 6枚目
  • 7枚目