blog
十勝のスポーツバイク専門店| カクイチ・ヴェロ Kakuichi Velo > ブログ > 5月全州ビビンバ、ソウルマッコリの旅①

5月全州ビビンバ、ソウルマッコリの旅①

 もう6ヶ月も前になってしまいましたが、私はゴールデンウィーク後半にロードバイクを輪行して再び韓国へ行ってきました。その模様を今更ながら書き記しておきます。
 (実は先月末にもソウルへ行ってきました。そちらのレポートは近日にアップしたいと思います)

 ブログをすっかりサボっていたら…6月以降に政治面での日韓関係がここまで悪化するとは思っても見ませんでした…

 帯広からはバスで新千歳、飛行機を挟んで、ソウル仁川空港から全州までは長距離リムジンバス、そしてソウルへ高速バスを使うため、輪行バッグの定番、オーストリッチOS-500を使いました。

  昨年チェジュ島行きに使ったSCICONエアコンフォートは、空港から宿への移動はレンタカーかジャンボタクシーを使わないとなりませんでした。羽田からの移動はキャスター付きのデカいバッグをゴロゴロ押したり担いだりして山手線を移動したのですから、いま思うと自分でも呆れます。

 大都市ソウルでもタクシー乗り場や流しでジャンボタクシーを捕まえるのは難しい。全州のような地方都市ではなおさらです。幸いOS-500ならば普通のタクシーで後部座席に載せてもらい、自分は助手席に。普通のタクシーで動けるのは楽チンです。

 大韓航空便ではCO2ボンベの持ち込みが禁止されている他、バイクをカウンターで預ける際にタイヤの空気を抜くことになっているのですが、今回は特にしっかりと、ほぼ空気入ってないくらい抜くようチェックされました。

 気圧の変化による影響って一説に10%程度という話もあり、そんなに大げさに心配しないでいいはずなんですが…。到着してから現地でのハンドポンプ作業が憂鬱です。

 仁川国際空港の第2ターミルは今回で三回め。大韓航空、デルタ航空、エールフランス、オランダ航空など一部のキャリアが使用しています。
 ここは平昌五輪に合わせてオープンした最新設備。広くて、混雑していないため出入国手続きもスムーズです。そのため毎回大韓航空にしています。ナッツも食べたいですしね。

 3時間ちょいの飛行で仁川空港。なぜかガラガラの入国チェックを済ませて、ここから直接リムジンバスで全州へ向かいました。

 下調べでは、全州までバスで3〜4時間。休憩地点まで少なくとも3時間近くかかるらしいので、トイレが心配です。そのため、往きの飛行機ではビールを飲まずに我慢していたのです。

 大韓リムジンバス内はシートも快適で、テレビ映像が妙に綺麗いだなと思ったら、スマホのWiFiはなんと5G!さすがIT先進国です。バスは立派でもトイレは付いていないのが不思議です。

 さてさて、2時間経ってても、NAVERマップの位置情報はまだソウル市を出ていません。実はこの日、韓国では珍しい三連休の前夜で大渋滞だったのです…

 

 そろそろ5時間になろうとする頃、ようやく休憩のインターチェンジ着。写真を撮れなかったのですが、夜間にもかかわらず百台以上のバスや車が駐車していて満車状態。トイレに行くのはいけれど、自分のバスがどこだったか迷いそうでした。

 こんなに遅延していたら、フツーは誰か運転手さんに文句言ったり騒いだりするのではないかと思いますが、乗客は皆さんおとなしくてジッと辛抱している感じ。意外でした。

 全州のバスターミナルに到着したのは0時過ぎ。バスのトランクルームの荷物を棒で掻き出すオジさんが、私の輪行バッグを突いて倒した時は慌てました。

 安宿(モーテル)に荷を降ろした後、晩飯を求めて近くの食堂へ。スンデック(コッチャン=豚の腸にさまざまな野菜を入れて作ったスンデを使って作るスープ)とビールで孤独のグルメ。

 その見た目と匂いから、ビギナーの私にはまだ好きとは言えない難易度ですが、庶民的なメニューの代表格。よく韓国ドラマで、財閥の子息が見た目のグロさに驚くが食べた途端に、こんなうまいものが世の中にあったなんて!と驚く…あるあるです。 

 どうですか?

 いいでしょう…夜中に宿題する子供と、それを見てやるお母さん。

 私が入った時は、0時半近くでした。きっと看板をしまい損なったタイミングだと思いますが、迎え入れてくれて感謝。

 1日目は移動、移動、移動でぐったりでしたが、なんかホッコリさせてもらいました。

(続く)

 

 

 

  • 1枚目
  • 1-2枚目
  • 1-3枚目
  • 2枚目
  • 3枚目
  • 4枚目
  • 5枚目
  • 6枚目
  • 7枚目
  • 8枚目