blog
十勝のスポーツバイク専門店| カクイチ・ヴェロ Kakuichi Velo > ブログ > やってはいけないこと 〜ディスクブレーキ仕様の注意

やってはいけないこと 〜ディスクブレーキ仕様の注意

 新学期、ママチャリからクロスバイクやロードバイクに乗り換えて颯爽と走る歓びを体感している学生諸君。

 高価な自転車を君のために買ってくれたご両親やお祖父さん、お祖母さんに感謝して乗ってください。そして今後も大切に扱ってください。

 秋にすっかり汚れた姿でチェーンがキリキリ、悲しい姿になって戻ってくるのを見るのは、ホント辛いです…

 たまにウエスで外装を拭き掃除してくれるだけでも、私たちは嬉しいです。

月に一回はチェーンのクリーニングと注油、それが無理だったら注油だけでも…

 ただし、チェーンの注油に関して、やってはいけないことがあります。

今やトレックのクロスバイクも全てディスクブレーキ仕様となり、これを知らないと困ったことになってしまいます。

 絶対に、ブレーキ周辺に注油スプレーをかけないでください。

 物置にあった潤滑スプレー、ク◯5-56をチェーンにさ〜っと吹いてしまったら、THE END‼︎

乗って1ヶ月そこそこですが、1回のスプレー噴霧でブレーキが効かなくなった例

 

 その噴霧されたオイルはチェーンを飛び越えて、ディスクローター(銀色のプレート)に飛散してしまい、ブレーキパッドを汚染してしまうのです。

「ブレーキが効かないんですけど…」

「変な音がするんですけど…」

 油分がブレーキパッド内部に染み込んでしまうと、いくら洗浄しても戻りません。

 ディスクブレーキのパッドの交換以上の作業になります。

 ディスクローターを手でベタベタ触るのも避けてください。手についた油分もよろしくありません。

 洗浄は水と中性洗剤で可能ですが、脱脂についてはパーツクリーナーでも成分に注意が必要です。

 ブレーキ&パーツクリーナーと記されている商品でも、成分に油分が含まれているものもありますので、ご注意ください。

 最近はディスクブレーキ専用クリーナーという商品も出ていますので、こちらをお勧めします。

MUC-OFF  Disc Brake Cleaner¥1,969-(税込)

 

 

 

 

 

 

  • 1枚目
  • 1-0枚目
  • 1-2枚目
  • 1-3枚目
  • 2枚目
  • 3枚目
  • 4枚目
  • 5枚目
  • 6枚目
  • 8枚目