news
十勝のスポーツバイク専門店| カクイチ・ヴェロ Kakuichi Velo > お知らせ > 新製品情報

新製品情報

注目のディスクロードDomane SL5 Disc, SL6 Disc

ハイエンドユーザーから徐々に浸透しつつあるディスクロード。
いよいよ予算30万円コース、シマノ新型105のディスクブレーキを装備した普及価格モデルも登場してきました。

 

Trek 2019 Domane SL5 Disc ¥281,000ー(税込¥303,480ー)

 

Domane(ドマーネ)の特徴は、路面からの振動を前後のIsoSpeedでいなしてくれる乗り心地。ディスク仕様ならではの700x32Cのワイドタイヤと合間って、その恩恵はさらに大きなものになっています。性能と装備、コストパフォーマンスに優れる1台です。

詳細はこちら(メーカー公式サイト)

十勝の農道は、冬季の凍結により路面はクラックが多いため、ドマーネは十勝向き!


 

コスパに優れたDomane SL5 Discに対して、こちらは同じフレームセットでありながら十分に贅沢な装備と軽量、言える一台です。

Trek 2019 Domane SL6 Disc ¥365,000ー(税込¥394,200ー)

*ペダルは別売です。

Domane SL5 Discの上位機種。コンポはシマノULTEGRA装備、ホイールは Bontrager Paradigm Comp Disc TLR、シートマストキャップはカーボン製といったところがアップグレードされています。ホイールセットが¥100,000-(税抜)することを考えると、その差額は旨味があります。


 バイク重量は、Domane SL5 Disc 9.39kgに対して、Domane SL6 Discは8.65kg(メーカー参考値、フレームサイズ56cm)で、その差740g。これを大きいと考えるか否か、あとは予算で。悩みますね…

 いずれもDomane SL Discの場合は、近い将来にホイールセットをもう1セット。一方にグラベル向きのタイヤをセットしておけば、オン・オフ使い分けができちゃうぞ!的なスタイルがオススメです(ヴェロテン)

 

 

 

 

新型ライト ION200RT、Flare RT登場

昼でも夜でも、前後にライトを

ベストセラー、Flare R USBライトの新型が登場しました。
トレック=ボントレガーの推奨する安全のためのABCコンセプトの核となるアイテムです。

新型ライトは、充電しながらの使用が可能です。
特に1300ルーメンのION ProRT(9月下旬入荷予定)はブルべライダーにもオススメです。

今回は先に入荷した、小型軽量のFlare RT、Ion200RTのご紹介です。

 

新型テールライトFlare RT

新型Flare RTは、現行モデルより大幅な性能アップとコンパクト化を提供します。

【新型Flare RTの特徴】

明るさ約40%アップの90ルーメン

バッテリーが20%長持ち

36%の大幅な軽量化

・IPX7レベルの高い防水性能

・RTモデルのみ

周囲の明るさを検知して明るさを調整

特定のモードのみを使用するロックモード機能

Blendr対応

・新型Madone SLRのシートマストキャップにスッキリ装着可能

品番:553852

税抜価格:¥6,944 税込価格:¥7,500


 

 

新型フロントライト Ion 200 RT

Ion 200RTは、超軽量で日常的なライドに必要十分な明るさを提供します。

【新型Ion 200 RTの特徴】

・200ルーメン

わずか23gの軽量フロントライト

・IPX7レベルの高い防水性能

・RTモデルのみ

周囲の明るさを検知して明るさを調整

Blendr対応

品番:553853

税抜価格:¥6,944 税込価格:¥7,500

 

 



<新機能まとめ>

1.自動調光機能 Auto Brightness

周辺環境の明るさに合わせ、自動で最適な調光をします。機能の設定・解除は、ライトが消えた状態で8秒間長押し。2回点滅した後、ライトが消滅したら、パワーボタンを放します。

【ご注意ください】 Ion 200 RTとFlare RTのみの機能です。通常、この機能が設定された状態で工場から出荷されるため、開梱時、この機能が適用となる3つのモードしかお使いいただけません。5つのモードで使用するには、ライトが消えた状態で8秒間長押しし、この機能を解除ください。

2.点灯・点滅モードのロック Lock/Unlock the mode

特定の点灯・点滅モードのみ使用したい場合の機能。

点灯/点滅した状態で8秒間長押し。ライトが消えた後、1回のみ点滅したら、パワーボタンを放します。

3.ワイヤレス接続のお知らせ機能 Wireless Communication 

ANT+とBluetoothのワイヤレス接続がオンの際、青いLEDライトが15秒おきに点滅。

解除するには、ライトが消えた状態で15秒長押し。8秒時点でLEDライトが1回点滅し、15秒時点で再度LEDライトが1回点滅したら、パワーボタンを放します。

4.リセット Reset

工場出荷時の設定(自動調光機能=ON、モードの固定=OFF)に戻すには、ライトがオンの状態で15秒長押し。8秒時点でLEDライトが1回点滅し、15秒時点で再度LEDライトが1回点滅したら、パワーボタンを放します。

新型ライト説明 (次ページより再度リンクをクリックしてください=PDF) 

特別注文セミファットバイク②1120, Roscoe8

2019通常ラインナップ外の特別注文モデルのご紹介、第二弾です。

(これらのモデルは今秋発行される2019バイクカタログには掲載されません)

2018シーズン以来、日本国内ではトレックの、いわゆるファットバイクの展開がありません。残念ながら2019シーズンも同様です。

しかし、セミファットバイク(29+、27.5+)なら特別注文モデルとして限定で入手可能です(9/16受注締め切り)。

あとでは入手できない限定モデルとなります。詳細についてはお早めに店頭スタッフまで!


1120

日本初登場!

「イレブントゥエンティー」。
アメリカ本国では昨シーズンより展開していたモデルですが、日本国内では情報がなかなか少ないモデルです。本格的なバイクパッキングで、アドベンチャーライドする方には待望のモデルでしょう。

詳細はこちら→

Youtubeの自動翻訳 →日本語でご覧ください。

 

・1120専用フレーム

・スタッシュより立ったヘッドアングル70.4°により快適なグラベル走行が可能

・スタッシュより20mm延長されたチェーンステー 

・スタッシュより3mm下げられたBBハイト

標準小売価格:259,000(税別)  サイズ:15.5, 17.5, 19.5  カラー:Matte Solid Charcoal

納期:2019年1月~2月


 

2019 Roscoe 8

・タイヤサイズ: 27.5 x 2.8

・Boost 120mm travel forks (Rockshox Judy Air Silver 29 120mm)

・750mm Handlebar x 50/60mm stems          ・Dropper post搭載

・SRAM NX Eagle 1×12      ・Bontrager Line 40ホイール

標準小売価格:139,000(税別)    サイズ:13.5, 15.5, 17.5, 18.5, 19.5

カラー:Matte Slate       納期:2018年11月


店頭試乗車として2018Roscoe8(27.5+ 限定モデル)をご用意していますので、ぜひチェックして見てください。

 

1 / 812345...最後 »

  • 1枚目
  • 1-2枚目
  • 1-3枚目
  • 2枚目
  • 3枚目
  • 4枚目
  • 5枚目
  • 6枚目
  • 7枚目
  • 8枚目