news
十勝のスポーツバイク専門店| カクイチ・ヴェロ Kakuichi Velo > お知らせ > ホイール

ホイール

【入荷情報】アイオロス プロ3 TLRホイールセット

ホイール各社、20万円前後のカーボンホイールセットを発表しましたが、ボントレガーのミドルエンドモデルがこちら「アイオロス プロ3 TLR」です。

税込20万円を切るハイコストパフォーマンス!

 
 カーボンホイールでのアップグレードを考えている方にとって、絶好のモデルかもしれません。
 
 30万円台のアイオロスD3シリーズでは諦めてしまうが、カーボンホイールの走行感や軽さ、耐久性、エアロ効果などのパフォーマンスを自分のもにしたい…
 
 
  アイオロス プロ 3 TLRは、リムブレーキ仕様のフルカーボンチューブレスレディホイール。クリンチャーから簡単にチューブレス化できます。
 
 深さ35mmのOCLV カーボンリム (外幅27mm、内幅19.5mm) 、DT Aerolite スポーク、ボントレガー 24 ラチェット。ハブは旧XLグレードですが、十分満足できる仕上がりとなっています。
 
 2018完成車ラインナップでは、エモンダSL6 Pro エモンダSL7ドマーネSL7にも採用され、更なるお得感で人気です。

  前後セットで¥184,000-(税抜)、税込で¥198,720-。20万円でお釣りがきて、車輪だけなら取り替えても、奥さまに気づかれないです、よ…ね!?

 でも、問題はストック。今日現在、店頭に1セットありますが、次回入荷は12月中旬です。冬のボーナスでいかがでしょうか?

 ホイール12万円以上の購入には、当店の特別クレジット「最大12回まで金利手数料0円」をご利用いただけます!

【入荷情報】Paradigm Elite TLR

Aura5 TLRに引き続き、ボントレガー アルミリムの最軽量ホイール、パラダイムエリートTLRの入荷です。

アルミロードやエモンダS、ドマーネSのアップグレードにオススメです。

ホイールを換えるとそんなに走りが変わるの?

…と、よく聞かれますが…変わるんです。

自転車は自分がエンジン。クルマのホイールより効果絶大です(先代モデルのRXLでしたら試乗用がありますのでお試しください)。

■Bontrager Paradigm Elite TLR

総重量1500g 以下のParadigm ホイールは、19.5mm (内)幅のリム、18t ラチェットのDT 240 内部機構、優れた重量剛性比で、最高性能と秀逸な走りの質を提供する。

サイズ:700C  カラー:チャコール/バイパーレッド  重量:フロント642g  リア822g

フロント¥50,000-(税込) リア:¥75,000-(税込)

  • 6061アルミリム、外幅25mm、内幅19.5mm、DT Swiss ハブ
  • Shimano 10/11速、SRAM 10/11速
  • Tubeless Ready (TLR)リムストリップ、TLR バルブステム、インターナルカムクイックリリースが付属
  • 体重制限なし

【新製品】Aura5 TLR新色

初中級ライダーにオススメのカーボン&アルミリムのホイール、ボントレガーAura5 TLRが新色になりました。

前カラーは光沢のあるブラックでしたが、新色はマット(=つや消し)のブラックです。「新色」といっても微妙な違いではありますが、欲しい人にとってはディープリムのルックスに惹かれるわけですから、意外に大きな違いかもしれません。

手前が新色のマットブラック 後ろが旧色

 

 

■Bontrager Aura5 TLR

カーボンが得意とする滑らかなエアロ形状を、アルミのブレーキ面を持つリムと組み合わせたチューブレスレディ(*)のロードホイール。

サイズ:700C  カラー:マットブラック/ホワイト  重量:フロント760g  リア960g

フロント¥75,000-(税込) リア:¥100,000-(税込)

*リアの価格表記が間違っていましたお詫びして言訂正いたします(2017/5/24)

 

(*)チューブレスレディ=専用リムストラップ、チューブレスタイヤ、シーラント剤を使ってチューブレス化できます。最初はクリンチャーとして使用される方が多いですが、いずれチューブレス化してアップグレードするのも楽しみに。

(補足)=最大の効果は乗り心地が格段と良くなることです。チューブが無いため転がり抵抗は軽く、低圧気味にも有利。チューブが無いわけですから、チューブのリム打ちパンクは「無い」ということになります。

1 / 212

  • 1枚目
  • 2枚目
  • 3枚目
  • 4枚目
  • 5枚目
  • 6枚目
  • 7枚目