news
十勝のスポーツバイク専門店| カクイチ・ヴェロ Kakuichi Velo > お知らせ > ロードバイク

ロードバイク

2018ラインナップ注目モデル④クロスリップ2

2018ラインナップ注目モデル、ご紹介の第4弾は、路面を選ばずフィットネスからツーリングや通勤通学までカバーするクロスリップ2です。

Trek 2018  Croosrip 2 Matte Metallic Charcoal 税込¥159,840-(本体148,000-)

このクロスリップは2017シーズンにフレームがよりスポーティーな新設計となりましたが、国内では展開がありませんでした。今期再登場です。

カテゴリーとしては<アーバンコミューター>=街乗り通勤ということで、トレック公式サイトでは<クロスバイク>に分類されていたり、Youtubeチャンネルでは<ロードバイク>の一つとして紹介されています。

機械式ディスクブレーキ仕様、700x32Cタイヤのワイドクリアランスは、雨天時の走行や荒れた路面での走行も可能にし、ラック装備+パニアバッグ装着、ドロップハンドル仕様で長距離ツーリングバイクにも活躍。マルチパーパスバイクという捉え方もできます。

こちらは「普段は通勤通学だけど週末やバカンスには荷物を載せて旅行したい」「周りはクロスバイクばかりなので、ドロップハンドルにこだわりたい」という方にオススメです!

2018ラインナップ注目モデル②エモンダSL5

2018ラインナップ注目モデル、ご紹介の第二弾は、超軽量カーボンSLグレードで20万円台前半となったエモンダSL5です。

Trek 2018 Emonda SL5  完成車価格¥213,000-(税込¥230,040-)

メーカーサイト詳細情報はこちら

<解説>

従来、トレックのカーボンフレームには素材と製法のグレードに「松・竹・梅」があると当店ではお客様に説明してまいりました。

20万円台が「S」、30万円〜が「SL」、80万円〜が「SLR」と。

しかし2018シーズン、トレックは「S」グレードを廃止。「竹」クラスの「SL」がシマノ105装備でいきなり20万円台前半に!

こりゃ〜エライことです。競合他社は戦々恐々といったところでしょう。

「うちは同じ部品がついてトレックより数万円安い!」ことが強みだったブランドにとってはかなり痛いはず。品質より価格訴求、通販でも買える販売ルートの広さを武器にしていた他社の多くは、さらに下方修正していくのでしょうか?

価格訴求より品質と信頼性を重視するユーザーにとっては、「安くないトレック」がコストパフォーマンスを提供することは大いに歓迎されるでしょう。

予算の都合でカーボンバイクを敬遠していたお客様、特にアダルトな貴兄にとってはウハウハな話です。

大人のファーストロードバイクとして、2018シーズンのエモンダSL5はイチオシです。

 

2018ラインナップ注目モデル① マドン9.0

2018ラインナップ注目モデル、ご紹介の第一弾は、ノーマルステムが標準装備されたMADONE9.0。

Trek Madone9.0 Matte Dniester Black/Quick Silver ¥550,800-(税込)

マドン9シリーズは、パワー、空力性能、走りの質、そしてインテグレーションを、究極に融合させたエアロロードバイクです。

競合他社のエアロロードバイクと比べても圧倒的に軽量。ISOスピード内蔵の柔軟性。

ケーブルが全て内蔵され露出していないインテグレーションの美しさ。

そして驚きのコストパフォーマンス!

Madone9シリーズのフレームセット¥490,000-(税込)に、ノーマルハンドル&ステムや新アルテグラ、Aeolus Compホイールのアッセンブルでこの価格です。フレームセットに近い価格で走れる!

9.0のノーマルハンドル&ステム仕様のメリットにも注目。
このMADONE 9.0にDHバーを装着すれば、起伏の多い日本で平坦、アップダウンのコースを問わず、オールラウンドに対応する究極のトライアスロン・ロードバイクとして活躍するでしょう。

▪️MADONE 9.0  550,800円(税込)2色展開
シマノフルULTEGRA仕様
Bontrager Aeolus Compホイール

詳細はこちら→ http://ow.ly/Kzgd30dj0Fa

 

Trek Madone9.0 Viper Red/Trek White ¥550,800-(税込)

 

1 / 612345...最後 »

  • 1枚目
  • 2枚目
  • 3枚目
  • 4枚目
  • 5枚目
  • 6枚目
  • 7枚目